• HOME
  • 注射
  • PRP血小板療法

PRP血小板療法

PRP血小板療法

持続性に優れた
気軽で効果的な美肌注射

PRP血小板療法とは?

PRP血小板療法(自己多血小板血漿療法)とは、ご自分の血液を遠心分離して細胞活性化の
働きをする血小板を用い、肌再生の促進およびシワやたるみなどの若返りや肌トラブルの
改善に効果的なPRP(自己多血小板血漿)注入療法です。
血小板には傷ついた組織を修復させる作用とコラーゲンを生成する作用があり、
美容目的のみならず治療目的としても用いられている安全な治療法です。

PRP血小板療法のメリット

PRP血小板療法の効果の現れ方

PRPは注入後から自己組織が活性化され、肌再生を促します。
約1~2週間後から徐々に効果が現れ始め、2ヶ月後には効果を実感頂けます。
その後2~3年でPRPは吸収されますが、吸収された後も肌再生効果は続くため
穏やかな効果が長期的に続きます。また効果はゆっくり現れるため、
変化が自然で見た目の違和感も無く他人にもほとんどばれません。

PRP血小板療法はこんなお悩みをお持ちの方にオススメ

PRP血小板療法の効果の現れ方

PRPは注入後から自己組織が活性化され、肌再生を促します。
約1~2週間後から徐々に効果が現れ始め、2ヶ月後には効果を実感頂けます。
その後2~3年でPRPは吸収されますが、吸収された後も肌再生効果は続くため
穏やかな効果が長期的に続きます。また効果はゆっくり現れるため、
変化が自然で見た目の違和感も無く他人にもほとんどばれません。

ヒアルロン酸注入とPRP血小板療法の違いは?

ヒアルロン酸
メリット・ダウンタイムがほとんど無い
・保湿性、潤滑性、弾力性、水分保持力に優れている
・即効性に優れており注入後すぐに効果を実感出来る
・深いしわなどの凹みも皮膚の下から持ち上げ目立たなく出来る
デメリット・PRPに比べ持続期間が短い
・皮膚の活性化効果は無い
PRP(自己多血小板血漿)
メリット・ダウンタイムがほとんど無い
・自身の血液を使うため安全、副作用が少ない
・細胞レベルで皮膚を活性化させるためお肌の若返り効果が高い
・効果の持続期間が長い (3年程度持続するといわれている)
デメリット・ヒアルロン酸に比べ効果を実感するまでに時間がかかる

PRPとヒアルロン酸は相性抜群!!
短所は補い長所を生かした若返り相乗効果!!

  • 即効性に優れ、しかも長持ち
  • 自然で周りにバレない
  • 見た目年齢、肌年齢を一気にダウン
  • それぞれの効果がより高まる
  • 切らないため傷跡も目立たない
  • ヒアルロン酸単独よりも凸凹しにくい
  • 施術直後からメイクOK

施術の流れ

  • STEP
    01
    カウンセリング
  • STEP
    02
    採血
  • STEP
    03
    麻酔
  • STEP
    04
    抽出
  • STEP
    05
    PRP注射
  • STEP
    06
    施術後すぐにメイク可能

施術情報

施術時間

約30~40分

麻酔方法

麻酔クリーム

腫れ・内出血

注入後若干の膨らみが生じる場合がありますが、2~3日で自然に治まります。 針を刺す部位に点のように内出血が起こる場合がありますが、1~2週間で治まります。

メイク

出血が無ければ施術後メイクをしてお帰り頂けます。

洗顔・シャワー・入浴

洗顔・シャワーは当日、入浴は翌日から可能です。

持続期間

2~3年 (効果を持続させたい場合は6ヶ月~1年おきの施術をお勧め致します。)

※ 注: 手術後の出血・感染・炎症など一般的に起こり得る合併症は、人によって程度の差がございますので、術後には細心の注意が必要です。