クマ取りのダウンタイムはどれくらいで引くのか、周りにばれないか不安ですよね。

ダウンタイムを気にしてしまい、クマ取りに踏み出せない方も多いのではないでしょうか?

顔のクマが目立っていると疲れて見えたり、老けている印象を与えてしまいます。

毎日化粧をするときに、クマを消そうとコンシーラーを使用しても、なかなか消えないこともありますよね。

年齢と共に、目の下のたるみやクマは目立っていってしまうものです。

そこで本記事では、クマ取り手術とダウンタイム期間の適切な過ごし方について詳しく解説します!

  • クマの種類によって施術が異なる
  • クマ取りのダウンタイムは3日〜1ヶ月
  • クマ取りのダウンタイム中には目にストレスを与えないようにした方が良い

クリニック名TCB東京中央美容外科品川美容外科湘南美容クリニック
クマ取り_大阪_東京中央美容外科_ロゴクマ取り_大阪_品川美容外科_ロゴクマ取り_大阪_湘南美容クリニック_ロゴ
おすすめ
ポイント
・FDAと厚生労働省認可の再生注射で切らない治療
・顧客満足度No.1の治療
低価格でリーズナブル症例数1000万件で安心
料金9,800円〜5,500円〜18,330円〜
カウンセリング費無料無料無料
無料カウンセリング公式サイト公式サイト公式サイト

id美容クリニックとは

クマの種類は3種類|原因別クマの解消法

クマ取りの効果

クマには3種類あるということをご存知でしょうか。

クマの種類によって施術方法が変わってきますので、ダウンタイムもそれぞれ違います。

自分のクマがどんなクマで、どのくらいのダウンタイムが必要なのか確認していきましょう。

クマには、「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」の3種類が存在しています。

それぞれのクマについての特徴や治療法は以下の通りです。

クマの種類青クマ黒クマ茶クマ
症例写真クマ取り_大阪_黒クマクマ取り_ダウンタイム_茶クマ
クマができる原因血行不良加齢による皮膚のたるみ紫外線や摩擦による色素沈着
判別方法皮膚を下に引っ張ってもクマが動かない皮膚を下に引っ張るとクマが消える皮膚を引っ張ると皮膚と一緒にクマも引っ張られて動く
オススメの施術再生注射切開法、再生注射レーザー治療
ダウンタイム2日〜1週間1週間程度1日〜

出典:TCB東京中央美容外科

クマ取り後のダウンタイムは、約3日~1週間ほどと言われています。

施術にもよりますが、術後の腫れや内出血は軽度で、数日でほとんど目立たなくなります。

クマ取りの整形の主な利点は、術後のダウンタイムがほとんどないことです。

ただし、重大な腫れや内出血の可能性は100分の1であることに注意することが重要です。

大きな腫れや内出血の場合、約1〜2週間で軽減します。

クマ取りは、ダウンタイムがほとんどなく、信頼できる結果が得られる非常に優れた施術です。

興味のある方は、無料カウンセリングを受けると良いと思います。

ダウンタイム中に考えられるリスク|治療法別

クマ取のリスク

ダウンタイム中にはどのようなリスクが生じるのでしょうか?

ここでは、治療法別にダウンタイム中のリスクについて紹介します。

再生注射のリスク

再生注射を含む、注入によるクマ取り治療は、場合によっては腫れ・痛み・内出血が生じる場合もありますが、2日程度で改善します。

出典:TCB東京中央美容外科

レーザー治療のリスク

施術後は、肌がデリケートになっており、発赤・熱感・痒み・痛み・乾燥などの肌トラブルが起こりやすくなります。

また、肝斑が混在している場合やアフターケアが不適切な場合は、炎症後色素沈着が起こりやすいとされています。

出典:きじま皮フ科クリニック

切開法のリスク

切開法の場合は、約1週間後に抜糸を行います。

翌日から1週間程度、目周りが腫れることがあり、目に見えるような内出血は1割くらいの方で起こりますが、2週間程度で黄色くなり目立たなくなるでしょう。

そして、1~2週間程度は目を動かしたときに重い痛み、1か月程度は押したときの痛みが出ることがありますが、ほとんど痛みが出ない方も多いです。

出典:形成・美容 NES駒沢クリニック

メイクは傷の部分以外は翌日から可能ですが、患部への刺激を避けるため、下まぶたのアイメイクは1週間程度控えましょう。

そして、洗顔やシャワーは、患部を除いて当日から可能です。

若返る!クマ取り整形の効果

クマの改善方法

クマ取り整形の効果にはどのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、クマ取り整形の効果を紹介します。

クマ取り整形をした人の口コミ①|再生注射

下まぶたのたるみ(ふくらみ)が改しました。(50代/女性)

クマ取り_ダウンタイム_症例

出典:THE CLINIC

クマ取り整形をした人の口コミ②|再生注射

黒クマと一緒にたるみもなくなりました。(40代/女性)

クマ取り_ダウンタイム__例

出典:THE CLINIC

クマ取り整形をした人の口コミ③|切開法

勇気を出して治療を受けて、本当に良かったです。
もっと早くふみ切ればよかったと思います。悩んでいた10年間がもったいなかったです。(40代/女性)

出典:GINZA CUVO

クマ取り整形をすることによって、下まぶたの内側からクマの原因となる脂肪を取り除き、まぶたのふくらみを解消して下まぶたの影を解消できます。

そして、クマ取り整形は1回からでも効果を実感できるのでとても人気の高い施術です。

目元が明るくなって若々しい印象を手に入れることができるでしょう。

クマ取り整形|絶対避けたい失敗例

クマ取りの効果について紹介してきましたが、美容整形を行う際に誰もが不安を感じるのが、失敗してしまう可能性です。

クマ治療に限らず、個人の症状・希望に沿った最適な治療を適用しないと、失敗するリスクが高くなります。

ここでは、絶対避けた失敗例をご紹介します。

クマ取り整形による失敗例

目の下の脂肪を除去しすぎたために、くぼみが生じて余計にクマが目立つようになっていたようでした。

クマ取り_ダウンタイム_失敗例

出典:THE CLINIC

目の下のクマが消えない

目の下の脂肪を取りすぎてしまい、よりクマが目立ってしまう可能性もあります。

その他の場合として、寝不足や血行不良による青クマ、摩擦や色素沈着による茶クマが残っている可能性があります。

クマ取りの治療から十分に期間を空けたうえで、青クマや茶クマ改善の治療を受けることに改善されるでしょう。

クマは消えたが不自然になった

目の下のクマに対して脂肪注入を行った場合、消したいクマは消えるものの、不自然な仕上がりになってしまうことがあります。

また、脂肪注入は入れすぎてしまった場合の修正ができなかったり、1度の治療では治らないなどのデメリットがある場合もあります。

失敗しないためには、目の下のクマの種類や原因が何なのかをしっかり確認する必要があります。

また、目の下のたるみに関しても原因が何なのかで、最適な治療法が異なってきます。

カウンセリングでしっかり確認してもらうことが重要です。

後悔しないクマ取り|美容整形クリニックの選び方

クリニック選び

これまで、クマ取りについてや、ダウンタイム期間の過ごし方などをご紹介してきました。

そして気になるのは、肝心のクリニック選びです。

クリニック選びは、手術を成功させるためにも慎重に行いたいところですよね。

実際にクマ取り整形手術を受けるクリニックを選ぶ際にチェックして欲しいポイントは以下の3つです。

  • さまざまなタイプのクマ治療を行っているところ
  • 医師のカウンセリングがある病院・クリニック
  • アフターケアが万全な病院・クリニック

以下順番に説明していきます。

さまざまなタイプのクマ治療を行っているところ

まず初めにオススメするのが、さまざまなタイプのクマ治療を行っているクリニックです。

さまざまなタイプの施術方法があるところの方が自分に合った施術を選ぶことができるためです。

先程ご紹介したように、クマには「青クマ」「黒クマ」「茶クマ」の3種類があります。

医師のカウンセリングがある病院・クリニック

次に、医師によるのカウンセリングが受けられるクリニックをおすすめします。

自分で鏡を見てクマの種類を確認すると言っても、正確に把握できていない場合があるかもしれないためです。

手術を納得のいくものにさせるためにも、自分のクマのタイプに合った最適な治療を受けることが大切です。

そのためには、実際にプロである医師にじっくりと見てもらい、クマの悩みの解決に丁寧に寄り添ってくれるクリニックを選びましょう。

アフターケアが万全な病院・クリニック

最後は、術後のアフターケアが万全なクリニックです。

アフターケアがしっかりしていると術後に万が一のことがあっても安心できるためです。

手術直後やダウンタイム期間は、痛みや心配で不安な気持ちになる人が多いかと思います。

そのようにアフターケアが充実しているクリニックを選定基準にすることも、大きなポイントです。

クマ取り整形後のダウンタイム|早く治す過ごし方

ダウンタイム

一般的に3日~1週間続くダウンタイム

その期間はどのように過ごすべきなのでしょうか。

ここでは、クマ取り後のダウンタイム中にするべきではないことを5つに分けて紹介します。

手術の性質や個人の体質、その他の状態によって異なりますが、ダウンタイムの過ごし方によって期間を短縮することができます。

なるべく早く施術の効果を得るためにも、ぜひ参考にしてみてください。

  • 目を擦らないようにする
  • 顔に刺激を与えないようにする
  • 目が疲れる行為を控える
  • できるだけ目に力を入れない
  • 体を温めることを控える

目を擦らないようにする

術後は目を擦らないようにしてください。

まぶたは、顔の他の部分よりも腫れ赤み痛みを起こしやすいためです。

目に違和感が発生する場合がありますが、これらの症状は手術後1週間ほどで徐々に治まります。

ダウンタイムは人によって異なりますが、痛みの基準は手術当日と翌日で約2日、腫れは約1週間です。

顔に刺激を与えないようにする

顔に刺激を与えないように気をつけてください。

手術をした後は、肌がとても傷ついており、敏感な状態になっているためです。

肌に刺激を与えてしまうと、肌がダメージを受けてしまい、ダウンタイムが長くなってしまう恐れがあります。

ダウンタイムを最小限に抑えるために、歌うことや運動すること温泉サウナ刺激的な食べ物、およびアルコールの消費も、手術後1週間は避ける必要があります。

1週間後も、内出血や腫れが完全に治まるまで、これらの活動を控えても安全です。

目が疲れる行為を控える

目が疲れる行為を控えてください。

目の下にクマができてしまう原因は様々ですが、体調不良ストレス寝不足疲労による目の疲れやドライアイが要因と考えられているためです。

せっかく目のクマを取っても、また同じように目にダメージを与えてしまっては治りません。

寝不足や疲れが、ダウンタイムを引き伸ばしてしまう原因にもなります。

このような場合には生活習慣の見直しが必要です。

スマホを見る時間を決めたり寝る前は見ないようにするなど決まりを作って、目を酷使するような行為を控えていきましょう

できるだけ目に力を入れない

術後にはできるだけ目に力を入れないようにしてください。

術後の敏感な肌にダメージを与える要因として、筋肉が緊張して固まってしまうということがあるためです。

せっかく綺麗になるために手術をしても、顔に力が伝わってしまっては、ダウンタイムが長引きストレスになってしまいます。

さらに、内出血が悪化する可能性があるため、1週間ほど注意してください。

身体を温めることを控える

体を温めることを控えましょう。

術後は手術にもよりますが、手術当日から翌日にかけては特に内出血や腫れがひどくなる確率が高いためです。

ダウンタイムを少しでも早くのであれば、濡れタオルなどで瞼を冷やしてください。

体を温めてしまうと、逆効果です。

ダウンタイムを最小限に抑えるために、運動温泉サウナおよびアルコールの消費も、手術後1週間は避ける必要があります。

クマ取り整形のよくあるQ&A

よくある質問

ここまで、クマ取り整形について解説をしてきました。

しかし、まだ疑問点が懸念点があるでしょう。

最後に、クマ取り整形でよくあるQ&Aを紹介します。

Q1:クマ取り整形の手術は痛い?

A.施術中に痛みを感じることはほとんどありません。

身体への負担が非常に少ない治療に加え、極細の針で局 所麻酔を注射するため、施術中に痛みを感じることはほとんどありません。
最初の局所麻酔の痛みはありますが、その前に点眼麻酔を行うので、注射の痛みも最小限に抑えられます。
痛みを極力避けたいという方は、眼窩下神経ブロックや静脈麻酔を追加することで、痛みを緩和できます。

出典:TCB東京中央美容外科

Q2:クマ取り整形後の傷跡は残る?

A.残りません。

手術の跡は、まぶたの裏側ですので、お顔表面に傷が残りません。

出典:湘南美容クリニック

クマ取りをして若々しい印象を手に入れよう

目の下のたるみ改善

本記事では、クマの原因やそしてダウンタイム期間おすすめのクリニック15選などをご紹介しました。

クマは主に3種類あり、さまざまな種類のクマの組み合わせである可能性があるため、自分で判断するのは困難である場合もあるでしょう。

最良の治療法を見つけるためには、医院のアドバイスやカウンセリングを求めることが重要です。

ぜひ本記事を参考にして、目の整形手術やクマの治療を受けることができるクリニックを探してみてくださいね。