医療脱毛期間中の日焼け対策は重要です。

脱毛期間中に日焼けしてしまうと、施術ができなくなってしまう場合があります。しかし、日焼け対策を怠ったり、つい忘れてしまったりする方もいるのではないでしょうか。

そのため本記事では、日焼けをした場合の対処法や日焼けしても脱毛ができるクリニックを紹介していきます。

目次
  1. 脱毛期間中に日焼けがNGな5つの理由
    1. 施術を受けられなくなる可能性がある
    2. 脱毛時の痛みが増す可能性がある
    3. 脱毛効果が下がる可能性がある
    4. 肌トラブルの原因になる
    5. 脱毛期間中にスムーズに進められなくなる
  2. どのくらいの日焼けなら問題ない?
    1. 肌色に変化がなけれ問題ない!
    2. 脱毛部位以外の日焼けなら問題ない!
  3. 脱毛後に日焼け止めを塗っても問題ない?日焼けはいつからOK?
    1. 制汗剤や日焼け止めクリームは肌への刺激になるためNG
    2. 毛抜の使用もダメージを与えるのでNG
    3. 脱毛後の日焼けは2週間は控える
    4. 脱毛後はできるだけ外出を控え日焼け防止を心がける
  4. 日焼後どれくらいの期間を空ければ脱毛を再開できる?
    1. 日焼けの回復期間は2~3ヶ月ほど
    2. 施術予定日の3ヶ月前からは焼かないようにする
  5. 施術前に日焼けをした場合に適切な10の対処法と日焼け対策
    1. 日焼け箇所を冷却する
    2. 日焼け箇所の保湿を行う
    3. ビタミンCを補う
    4. 日焼けが落ち着くまで脱毛をお休みする
    5. 美白ケア成分配合のケアアイテムを使う
    6. 紫外線の強い時間帯の外出を控える
    7. 日焼け止めクリームの使用に要注意する
    8. 飲む日焼け止めを使用する
    9. 日傘、帽子、サンバイザーなどで肌露出を減らす
    10. UVカット性能がある服を着用する
  6. 脱毛中の日焼けで肌が色素沈着しない予防方法は?
    1. 体を洗う際にタオルなどの摩擦を減らす
    2. 毛を処理する際にシェービング剤などを使用する
  7. 日焼けしている肌でも脱毛OKの医療クリニックはある?
    1. 熱破壊式サンダーを導入しているクリニック
    2. 熱破壊式ジェントルマックスプロを導入しているクリニック
    3. 熱破壊式ライトシェアデュエットを導入しているクリニック
  8. 熱破壊式を導入しているおすすめ医療脱毛クリニック5選
    1. レジーナクリニック
    2. エミナルクリニック
    3. フレイアクリニック
    4. じぶんクリニック
    5. グロウクリニック
  9. よくある質問
  10. まとめ|医療脱毛期間中の日焼けのリスクを知り安全に脱毛を完了させよう!

脱毛期間中に日焼けがNGな5つの理由

脱毛期間中は、施術を受けられなくなるため日焼けは防ぎましょう。

また、脱毛効果の低下や肌トラブルの原因にもなります。脱毛期間中に日焼けがNGな理由を詳しく解説していくので把握しておきましょう。

施術を受けられなくなる可能性がある

脱毛期間中に日焼けをしてしまうと、場合によっては施術を受けられなくなります。

日焼けをした肌は敏感で、施術を行うと肌に刺激が加わりやすくなります。炎症や色素沈着などのリスクが高まるため、脱毛前後は日焼けを防ぎましょう。

脱毛を受ける前には、日焼け止めをしっかりと塗布し、直射日光を避けましょう。脱毛サロンやクリニックによっては、日焼けをしている場合には施術を受けられない場合があるため、事前に確認しておくことが重要です。

施術の前後2週間は特に注意しましょう!

脱毛時の痛みが増す可能性がある

日焼けをしてしまうと、痛みを増す可能性があります。

日焼けをした肌は通常よりも敏感で、レーザー照射の痛みを感じやすい傾向です。

医療脱毛のレーザーは、黒いメラニンに反応して効果を発揮します。肌が黒いと毛がない部分にも反応し痛みを感じてしまいます。

日焼けによって肌が赤くなったり、炎症を起こしたりすると、施術中や施術後に痛みを感じるため注意しましょう。

脱毛効果が下がる可能性がある

脱毛期間中に日焼けをしてしまうと、色素沈着や炎症などのリスクが高まり脱毛効果が下がる可能性があります。

日焼けをしていると光を吸収するメラニン色素が増加し、脱毛機器が毛根に効果的に働きかけることが困難です。また、火傷のリスクが高くなるため照射出力を下げて施術する場合があります。

その結果、脱毛効果の低下につながります。

効率よく脱毛するためにも、日焼け対策は重要です!

肌トラブルの原因になる

脱毛期間中の日焼けは、肌トラブルの原因になる可能性があります。

日焼けをした肌は、すでにやけどしているような状態です。ダメージを負っている肌に照射すると、赤みを帯びたりや炎症になったりするだけでなく、色素沈着やシミの原因になります。

日焼けによって肌が赤くなったり、炎症を起こしたりすると、肌トラブルのリスクが高まるので注意しましょう。

脱毛期間中にスムーズに進められなくなる

脱毛期間中に日焼けをしてしまうと、施術がスムーズに進行しなくなる可能性があります。

日焼けをした肌は、脱毛機器が適切に作用しづらくなるため、脱毛効果が低下します。照射出力を下げないといけなくなる場合があるので、施術が効果的に行われなくなります。

また、日焼けが原因で施術を受けられなくなると、予定していた期間を過ぎてしまう場合があるので注意しましょう。

どのくらいの日焼けなら問題ない?

引用:持田ヘルスケア株式会社

日焼けの状態によっては施術できない場合がありますが、どの程度の日焼けは施術できないのか気になるところです。

結論として、肌色に変化がない場合や、脱毛部位以外の日焼けは問題ありません。

以下で、詳しくみていきましょう。

肌色に変化がなけれ問題ない!

肌色に変化がない場合、脱毛を行える可能性が高いです。

一般的に、脱毛は濃い色の毛に対して効果的であり、薄い色や白色の毛には効果が薄い傾向にあります。そのため、肌色と毛の色のコントラストがはっきりしている場合に脱毛効果が高くなります。

日焼けをしても、肌色に変化がなければ脱毛効果も変わらないため問題ありません。

自分で判断する場合は、水着やTシャツの跡がくっきり見えていないか確認しましょう。

脱毛部位以外の日焼けなら問題ない!

一般的に施術を行う際には、脱毛部位以外の日焼けがあっても問題ありません。ただし、脱毛部位自体が日焼けしている場合は、施術を受けられない場合があるので注意しましょう。

例えば、顔が含まれていない全身脱毛を契約していて、顔を日焼けしてしまっても施術に影響はありません。

脱毛部位以外の日焼けがある場合は、施術を受けられますが脱毛部位の日焼けには注意が必要です。部位ごとに契約している場合は、日焼け部位を後回しにできる場合もあるのでクリニックに相談すると良いでしょう。

脱毛後に日焼け止めを塗っても問題ない?日焼けはいつからOK?

引用:リゼクリニック

日焼け対策は重要ですが、脱毛当日の日焼け止めは肌の刺激になるため控えましょう。

また、脱毛前だけでなく脱毛後の日焼けも気をつけましょう。特に、施術の前後2週間は日焼け対策を徹底する必要があります。

以下で詳しくみていきましょう。

制汗剤や日焼け止めクリームは肌への刺激になるためNG

施術当日の制汗剤や日焼け止めクリームは、肌への刺激になるため使用を控えましょう。

とはいえ、脱毛後は紫外線を避ける必要があります。日焼け止めクリームではなく、肌の刺激にならない帽子や日傘などでの保護しましょう。

施術前の日焼け止めクリームもおすすめしません。日焼け止めクリームが毛穴に侵入すると、レーザー脱毛器のレーザーを反射し効果が薄れてしまう可能性があるからです。

施術当日は、日焼け止めクリームの使用を控えましょう。

毛抜の使用もダメージを与えるのでNG

脱毛後の毛抜きは、肌のダメージにつながるため控えましょう。

照射後は、ポロポロと自然と抜ける毛もあれば、軽く引っ張るとスルッと抜ける毛もあります。少しでも早く効果を実感するために、つい抜きたくなってしまいますが脱毛後の毛抜きはNGです。

毛を抜くと、抜いた部分から殺菌が入る可能性があり、感染症や肌へのダメージに繋がります。脱毛後の毛抜きの使用は控えましょう。

自然に抜けるのを待つことで、脱毛効果を期待できます。

脱毛後の日焼けは2週間は控える

脱毛後は、肌バリアが低下しているため2週間の日焼けは避けましょう。

脱毛後の肌は、レーザーの熱によって水分を奪われている状態です。水分がない上に、日焼けをしてしまうと、通常の新陳代謝が行われずシミや色素沈着が起こる可能性が高まります。

脱毛後は肌に熱がこもりやすいため、少なくても2週間は日焼けをしないように徹底しましょう。

脱毛後はできるだけ外出を控え日焼け防止を心がける

脱毛後はできるだけ外出を控え、日焼け防止を心がけましょう。

脱毛後の肌は敏感になっているため、肌の健康を保つためにも直射日光や紫外線による刺激を避ける必要があります。外出する際は、帽子や日傘、長袖の服などで肌を保護しましょう。

日焼け止めをこまめに塗ることで肌への負担を軽減できます。また、脱毛後の肌は乾燥しやすいので、保湿をしっかりと行うことも大切です。

軽い日焼けでも肌色が戻るまでに1〜2ヶ月かかることを覚えておきましょう。

日焼後どれくらいの期間を空ければ脱毛を再開できる?

引用:じぶんクリニック

念入りに日焼け対策をおこなっていても、予期せぬ日焼けをしてしまうことがあるかもしれません。日焼けをしてしまった場合、2〜3ヶ月ほど回復に時間がかかります。

施術予定日の3ヶ月前からは日焼けしないように徹底しましょう。

日焼後どれくらいの期間を空ければ脱毛を再開できる?

日焼けの回復期間は2~3ヶ月ほど

日焼けの状態などで個人差がありますが、脱毛期間中の日焼けの回復期間は一般的に2〜3ヶ月ほどです。

自然回復の場合、夏は約3ヶ月、冬は約2ヶ月かかります。ケアを行い、回復を早めたとしても最低1ヶ月は待たざるを得ないでしょう。

日焼けの回復には2〜3月かかるため、日焼け対策を徹底しましょう。

施術予定日の3ヶ月前からは焼かないようにする

先ほども述べたように、日焼けをしてから回復までに2〜3ヶ月かかります。そのため、施術を受けたい場合は施術予定日の3ヶ月前からは日焼けを避けましょう。

日焼けを避けることで、施術の効果を最大限に引き出せます。スムーズに脱毛を進めるためにも、日焼けはしないよう徹底しましょう。

3ヶ月前からの準備をしっかりと行い、脱毛施術を安全に受けられるようにしましょう。

施術前に日焼けをした場合に適切な10の対処法と日焼け対策

引用:ミュゼプラチナム

施術前に日焼けをした場合、速やかに日焼け箇所を冷却しましょう。また、肌の健康や乾燥を防ぐために保湿も重要です。

日焼けをした場合の対処法も知っておく必要がありますが、日焼けをしないための対策も把握しておく必要があります。

紫外線の強い時間の外出は控えることや、日焼け対策に必要な対策方法を紹介しているので参考にしてみてください。

日焼け箇所を冷却する

日焼けをしてしまった場合は、速やかに冷却しましょう。

日焼けをした肌は敏感です。肌がやけどしたような状態になっているため、冷却して炎症を和らげましょう。

冷却する場合は、氷や冷却ジェルの使用がおすすめです。ただし、冷やし過ぎ防止のためにも、直接肌に触れさせないようにタオルで包んで使用しましょう。

日焼け箇所は敏感になっているため、過度の刺激は避け冷却で対応しましょう。

日焼け箇所の保湿を行う

日焼けした皮膚は乾燥しやすくなっているため、保湿を心がけましょう。

日焼けした皮膚は火傷したような状態になっており、水分が足りていない状態です。肌の回復を早めるためにも、保湿成分を含んだ化粧水やクリームで念入りにケアする必要があります。

万が一、日焼けしてしまった場合は冷却の後に保湿を忘れずに行いましょう。

保湿を怠ると、さらなる炎症や皮膚のダメージを引き起こす可能性があるので注意しましょう!

ビタミンCを補う

施術前に日焼けをした場合、ビタミンCを補うのも効果的です。ビタミンCには抗酸化作用があり、日焼けによる皮膚の炎症やダメージを軽減するのに役立ちます。

ビタミンCを含む食品やサプリメントで摂取できます。

また、ビタミンCが配合されたスキンケア製品や美容液の活用も効果的です。直接肌に塗布することで、日焼けによる炎症やシミの改善に繋がります。

ビタミンCは皮膚の健康に良いと言われていますが、日焼けによる皮膚の炎症や肌へのダメージを完全に修復するわけではありません。日焼けした箇所を適切にケアし、十分な保湿を継続しましょう。

ビタミンCを多く含む食品
・オレンジ
・レモン
・イチゴ
・キウイフルーツ
・トマト

日焼けが落ち着くまで脱毛をお休みする

日焼けが落ち着くまで脱毛をお休みするのも一つの対策方法です。

日焼けした皮膚は敏感にあっており、脱毛処理を行うとさらなる炎症や肌のダメージを引き起こす可能性があります。

日焼けが回復するまで、大体2〜3ヶ月かかります。肌の状態や日焼けの度合いによって異なりますが、日焼けが完全に治まるまで施術を中断すると良いでしょう。

美白ケア成分配合のケアアイテムを使う

日焼けをしてしまった場合は、美白ケア成分配合のケアアイテムを使用すると効果的です。

美肌ケア成分配合のケアアイテムは、日焼けによってできたシミや肌のくすみを軽減し、肌のトーンを均一に整えるために美白成分が役立ちます。

一般的に、肌色と毛の色のコントラストがはっきりしている場合に脱毛効果が高くなります。そのため、日焼けした場合は美白ケア成分のケアアイテムを使用し、元の肌色に戻してあげると良いでしょう。

美白ケア成分のケアアイテム
・ビタミンC
・ハイドロキノン
・ニアコインアミド
・アロエベラ

紫外線の強い時間帯の外出を控える

日焼けしないためにも、紫外線の強い時間帯の外出は控えましょう。

紫外線の強い時間帯は通常、午前10時から午後4時の間に集中しています。この時間帯には紫外線量が最も高く、日焼けや肌のダメージを引き起こすリスクが高まります。

外出する際は、早朝や夕方の紫外線の量が比較的低い時間帯がおすすめです。また、可能な限り屋内での活動を選びましょう。

日焼け止めクリームの使用に要注意する

日焼け防止のために日焼け止めクリームは重要ですが、日焼け止めクリームの使用には注意しましょう。

日焼け止めを塗ることが、必ずしも脱毛の施術を想定した日焼け対策として最適だとは限りません。

脱毛後の肌はデリケートであり、日焼け止めクリームの成分が肌に与える影響によっては、肌トラブルを引き起こす可能性があります。特にアルコールや香料、鉱物油などの刺激性の高い成分が入っているものは避けましょう。

日焼け止めクリームの選択と使用方法に注意し、日焼け対策を行いましょう。

飲む日焼け止めを使用する

日焼け対策のために、飲む日焼け止めを使用するのも一つの選択肢です。

飲む日焼け止めは、日焼け止めクリームとは異なり、体内から紫外線への耐性を高めることを目的としています。一般的には、ビタミンCやビタミンE、リコピン、ポリフェノールなどの抗酸化物質が含まれています。

これらの成分は、紫外線による肌へのダメージを軽減する効果があるとされていますが、飲む日焼け止めだけで完全に日焼けを防ぐことはできません。

肌表面に直接塗布する日焼け止めクリームと併用し、日焼け対策を徹底しましょう。

日傘、帽子、サンバイザーなどで肌露出を減らす

日焼け対策として日傘、帽子、サンバイザーなどを利用して肌露出を減らすのは非常に効果的です。直接的な紫外線から肌を保護し、日焼けや肌のダメージを防げます。

アイテム効果
日傘直射日光から顔・首・肩を保護する
UVカット効果のある日傘がおすすめ
帽子/サンバイザー顔や頭皮を保護する
広範囲をカバーするツバの広いものがおすすめ
サングラス目や目の周りを保護する

上記のアイテムを上手に活用し、日焼け対策を行いましょう。

UVカット性能がある服を着用する

UVカット性能がある服の着用は日焼け対策に効果的です。UVカット服は、特殊な加工や素材を使って紫外線を遮断する性能があります。

UVカット服の中でも、UPF値が高いほど、紫外線を効果的に遮断できます。通常、UPF50+の服は紫外線を約98%以上遮断するためおすすめです。

UVカット服の着用で肌の一部を保護できますが、全身をカバーすることは難しい場合もあります。そのため、日焼け止めと併用し、肌全体をしっかりと保護しましょう。

脱毛中の日焼けで肌が色素沈着しない予防方法は?

引用:じぶんクリニック

脱毛中の日焼けで肌が色素沈着しないためには、タオルの摩擦を減らすことやシェービング剤を使用することが挙げられます。

色素沈着するとやけどを負う可能性があるため、以下の予防方法を参考にしましょう。

体を洗う際にタオルなどの摩擦を減らす

肌の色素沈着を防ぐために、体を洗う際はタオルでの摩擦を減らしましょう。

タオルが硬いと摩擦を与えやすくなるため、柔らかいタオルの使用がおすすめです。また、肌に刺激を与えると色素沈着のリスクが高まるので、力を入れ過ぎないことも重要です。

泡立てネットや柔らかいスポンジの使用も向いています。自分に合ったアイテムで、色素沈着を予防しましょう。

毛を処理する際にシェービング剤などを使用する

自己処理の際は、シェービング剤の使用を心がけましょう。

シェービング剤は、肌の保湿や刃を滑らかに移動させる役割を果たします。肌を保護し、剃る際の摩擦を軽減するためにも、シェービング剤は必須です。

毛を処理する際にシェービング剤を使用することで、肌の保護や色素沈着の予防ができます。しかし、肌に適した製品を選び、適切な使い方を心がけることが重要です。

敏感肌の方は、無香料やアルコールフリーの製品を選びましょう!

日焼けしている肌でも脱毛OKの医療クリニックはある?

日焼けしている肌は施術できない場合がありますが、以下3つの脱毛機を導入しているクリニックでは施術可能です。

日焼けしたての肌では脱毛の施術を受けることができないため、肌へのリスクを考えて医師との相談が必要になります。軽度の日焼けなら対応できる機会もあるため、以下で詳しく解説していきます。

熱破壊式サンダーを導入しているクリニック

引用:エクシアクリニック

サンダーという熱破壊式の脱毛マシンを導入しているクリニックだと、日焼け肌の方でも施術を受けられます。

サンダーは、冷却機能が搭載されており痛みに配慮した施術を受けられるのでおすすめです。濃くて太い毛にもアプローチでき、皮膚表層のシミにも反応しシミやくすみの軽減にも期待できます。

照射出力が強いため、肌への負担が大きくなってしまう可能性があります。必ず医師と相談してから施術を受けるようにしましょう。

熱破壊式ジェントルマックスプロを導入しているクリニック

引用:ビューティースキンクリニック

ジェントルマックスプロは、日焼けした肌でも安全に脱毛ができ、硬くてしつこい毛も、柔らかい軟毛にも対応しています。

ソバカス、老人性シミなどにも効果が期待でき、顔全体を白くしうぶ毛を除去します。また、毛穴に反応して毛穴を縮小させるため、ニキビの予防やきめ細かい肌状態に近づけるのも魅力の一つです。

スピードが速く、治療は短時間で終わるため少ない時間で施術したい方におすすです。

熱破壊式ライトシェアデュエットを導入しているクリニック

引用:ビューティースキンクリニック

ライトシェアデュエットは日焼け肌や地黒の肌でも施術できます。

ライトシェアデュエットはレーザーの波長が長く、肌のメラニン色素に反応しづらいため日焼け肌でも問題ありません。メラニン量が多い肌でも、ヤケドのリスクを抑えられる特徴があります。

ただし、あまりにも日焼けしている肌の場合には、ヤケドの恐れがあるので、施術を受けられない可能性があります。脱毛機に頼りすぎず、日焼け対策は徹底しましょう。

熱破壊式を導入しているおすすめ医療脱毛クリニック5選

レジーナクリニック
レジーナクリニック
エミナルクリニック
エミナルクリニック
フレイアクリニック
フレイアクリニック
じぶんクリニック
じぶんクリニック
グロウクリニック
グロウクリニック
プラン
(全身脱毛)
66,000円(税込)/5回68,200円(税込)/5回99,600円(税込)/5回68,200円(税込)/5回79,800円(税込)/5回
シェービング代無料うなじ・背中・腰・おしりは無料無料無料無料
麻酔料金無料3,300円(税込)3,300円(税込)3,300円(税込)無料
支払い方法現金・クレジットカード・デビットカード・医療ローン現金・クレジットカード・医療ローン・自社クレジット現金・クレジットカード・医療ローン現金・クレジットカード・デビットカード・医療ローン現金・クレジットカード・
URL公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

熱破壊式を導入しているクリニックを5院紹介していきます。

全身脱毛が安く施術できるのはエミナルクリニックで、66,000円で施術可能です。シェービング代も麻酔料金もかからないのでおすすめです。

エミナルクリニックは最短5ヶ月で脱毛が完了します。短期間で脱毛終わらせたい方に向いています。

レジーナクリニック

レジーナクリニック

引用:レジーナクリニック

レジーナクリニックの基本情報
脱毛器の種類ジェントルレーズプロ
ソプラノチタニウム
診察料無料
キャンセル期限2営業日前の20:00まで
無料テスト照射の有無有り
麻酔料金無料
予約方法WEB・電話
URLhttps://reginaclinic.jp/

レジーナクリニックのおすすめポイント

  • オプションが全て0円
  • 契約当日の施術が可能
  • 自由に選べる脱毛器

レジーナクリニックでは、脱毛料金以外の費用は一切かかりません。シェービング代や麻酔料金以外にも、予約キャンセル料や肌トラブル診察料も0円です。

脱毛器は、ジェントルレーズプロとソプラノチタニウムの2種類から選べます。一人ひとりの肌質や毛質に合わせて照射するので、効果を実感しやすいです。

プラン料金
オーダーメイドプラン
全身脱毛
215,250円(税込)/5回
オーダーメイドプラン
全身脱毛+VIO
294,260円(税込)/5回
オーダーメイドプラン
全身脱毛+VIO+顔
378,000円(税込)/5回
デビュープラン
全身+VIO
66,000円(税込)/5回

初めての方は、デビュープランがおすすめです。VIO含む全身脱毛が66,000円で受けられます。

肌トラブル診察料が0円のため、万が一、日焼けして肌トラブルが起こった場合にも無料で診察してもらえるため安心です。

エミナルクリニック

エミナルクリニック

引用:エミナルクリニック

エミナルクリニックの基本情報
脱毛器の種類クリスタルプロ
診察料無料
キャンセル期限予約前日の18:00まで
無料テスト照射の有無有り
麻酔料金3,300円
予約方法WEB・電話
URLhttps://eminal-clinic.jp/

エミナルクリニックのおすすめポイント

  • 無料オプションが豊富
  • 最短5ヶ月で脱毛完了
  • 全国各地に展開しており駅近で通いやすい

エミナルクリニックでは、テスト照射や肌トラブル治療費が無料でおこなってもらえます。

駅近で通いやすいのもクリニック選びでは重要です。施術前後は日焼け対策が必須のため、少しでも直射日光にあたらずに来院できるのは嬉しいポイントです。

プラン料金
ライトプラン
全身
68,200円(税込)/5回
ライトプラン
全身+VIO
68,200円(税込)/5回
ライトプラン
全身+顔
129,800円(税込)/5回
ライトプラン
全身+VIO+顔
129,800円(税込)/5回

エミナルクリニックは、シンプルでわかりやすい料金体系になっています。VIO含むプランも含まないプランも料金が変わらないため、VIOしたい方はお得に施術できます。

アフターケアも無料で行なってもらえるので、日焼けが心配な方も安心して通えるクリニックです。

フレイアクリニック

フレイアクリニック

引用:フレイアクリニック

フレイアクリニックの基本情報
脱毛器の種類メディオスターモノリス
診察料無料
キャンセル期限前日19:00まで
無料テスト照射の有無有り
麻酔料金3,300円(税込)
予約方法WEB・電話
URLhttps://frey-a.jp/

フレイアクリニックのおすすめポイント

  • 解約手数料0円
  • 施術日ごとに選べる照射方法
  • 平日21時まで営業

フレイアクリニックでは蓄熱式と熱破壊式の使い分けが可能で、施術日ごとに自由に選択できます。普段は蓄熱式、日焼けしてしまった日は熱破壊式と変更が可能なため、その日の肌状態によって使い分けましょう。

解約手数料が0円なので、もし自分の肌に合わない場合でも解約できるのでおすすめです。

プラン料金
クイックプラン
全身+VIO
99,600円(税込)/5回
クイックプラン
全身+VIO+顔
142,000円(税込)/5回
安心プラン
全身(顔+VIO除く)
198,000円(税込)/5回
安心プラン
全身+VIO
247,000円(税込)/5回
安心プラン
全身+顔
247,000円(税込)/5回
安心プラン
全身+VIO+顔
296,000円(税込)/5回

平日は21時まで営業しているので、学校終わりや仕事終わりでも通いやすいクリニックです。紫外線が少ない時間に通いたい方はフレイアクリニックがおすすめです。

じぶんクリニック

じぶんクリニック

引用:じぶんクリニック

じぶんクリニックの基本情報
脱毛器の種類熱破壊式のラシャトリニティプロ
蓄熱式のソプラノチタニウム
診察料無料
キャンセル期限前日20:00まで
無料テスト照射の有無有り
麻酔料金1ヶ所 3,300円
予約方法WEB
URLhttps://jibun-clinic.com/

じぶんクリニックのおすすめポイント

  • シンプルな料金体系
  • 2種類から選べる脱毛器
  • 空き状況を随時チェックできる

じぶんクリニックでは、会員アプリを使い24時間いつでも空き状況を確認できます。自分のタイミングで予約ができるので、日中は忙しい方におすすめです。

脱毛器は、蓄熱式と熱破壊式の2種類あり毛質や肌質に合った脱毛器を使用できます。そのため、高い脱毛効果が期待できます。

プラン料金
全身+VIO68,200円(税込)/5回
全身+VIO+顔134,200円(税込)/5回

シンプルな料金体系でプランは2つのみです。料金が安いだけでなく、脱毛器も選択できるため自分に合った施術が可能です。

グロウクリニック

グロウクリニック

引用:グロウクリニック

グロウクリニックの基本情報
脱毛器の種類Lasya
診察料無料
キャンセル期限予約日の前日19:00まで
無料テスト照射の有無有り
麻酔料金無料
予約方法WEB・電話
URLhttps://glow-clinic.com/

グロウクリニックのおすすめポイント

  • 安心の1年保証サポート付き
  • 途中解約が可能
  • 脱毛完了まで通いやすい制度

グロウクリニックでは、自分に合わないと思った場合、途中解約ができます。途中解約すると、ペナルティが発生する場合もありますがグロウクリニックでは無料で解約可能です。

契約後は、VIO照射の振替や照射もれにも対応しています。脱毛完了まで通いやすい制度が整っており安心です。

プラン料金
全身168,000円(税込)/5回
268,800円(税込)/8回
全身+顔295,000円(税込)/5回
432,000円(税込)/8回
全身+VIO295,000円(税込)/5回
432,000円(税込)/8回
全身+顔+VIO375,000円(税込)/5回
540,000円(税込)/8回

安心の1年間保証サポートが付いており、万が一、コース終了後に気になる部分があった場合は1年間(合計3回まで)無料で照射できます。

よくある質問

脱毛後の日焼けで断られた場合、再開はできる?
・日焼けしてから脱毛するまでに何ヶ月かかる?

脱毛後に日焼けしていて施術を断られた場合、再開することは可能です。一般的には、日焼けの影響が薄れ、肌が適切な状態に戻るまで待つ必要があります。

また、クリニックによって対応が異なります。再会の条件やタイミングについてはクリニックに問い合わせると良いでしょう。

日焼けが落ち着くまでにはどれくらいの日数がかかる?

日焼けが落ち着くまでにかかる時間は個人や日焼けの程度によって異なりますが、一般的には数日から数週間かかることがあります。

完全に回復するまでは2〜3ヶ月かかります。

日焼けの回復期間は、個人の肌のタイプや日焼けの程度、日焼け後のケアの適切さなどによっても異なります。日焼けの症状が落ち着くまで、さらなる日焼け対策や保湿を徹底しましょう。

日焼けした肌はどれくらいで元に戻りますか?

一般的には、軽度の日焼けの場合は数日で元に戻ることがありますが、中程度から重度の日焼けの場合は数週間から2〜3ヶ月かかることがあります。

日焼けした肌が元に戻るまでの時間を短くするためには、適切な保湿ケアが重要です。保湿やクールダウン、紫外線を避けるなどの対策を行い、肌の回復をサポートしましょう。

まとめ|医療脱毛期間中の日焼けのリスクを知り安全に脱毛を完了させよう!

この記事でわかったこと

  • 脱毛期間中の日焼けは施術を受けられなくなる可能性がある
  • 肌色に変化がない日焼けは施術可能
  • もし日焼けした場合は冷却と保湿が重要
  • 熱破壊式の脱毛器は日焼け肌でも照射可能

脱毛期間中の日焼けは、肌トラブルや効果が下がる可能性があるため注意しましょう。もし、日焼けしてしまった場合は冷却と保湿を心がけましょう。日焼けしないための対策も重要です。

熱破壊式の脱毛器の場合、日焼けしてしまっても施術できる場合があります。万が一、日焼けをしてしまっても施術できるクリニックを選びましょう。