大阪で糸リフトができるクリニックを探すと、数が多すぎてどこが良いのか決めかねる方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、大阪エリアで評判が高いクリニックを10院にしぼり、料金からアフターケアまで細かく比較しました。

後半ではクリニック選びで失敗しないためのポイントや、悩みに適した糸についても解説します。

サービスや料金を比較したうえでカウンセリングを受けたい方は、ぜひ最後までご覧ください。

大阪の安い料金で糸リフトができるのはどこ?料金やキャンペーンの比較一覧表

湘南美容クリニック品川美容外科TAクリニック東京美容外科ヤナガワクリニックTCB東京中央美容外科X CLINICMIL CLINIC OSAKAルラ美容クリニック心斎橋形成外科スキンケアクリニック
糸リフト1本あたりの料金(税込)12,000円~24,750円~22,000円~55,000円~33,000円~13,800円~19,800円~13,980円~38,500円~44,000円~
糸リフトの施術プラン例(税込)プリマリフト(6本):66,000円~美肌アモーレ(4本):99,000円~ ※1TAC式 ツヤ肌コラーゲンリフト®(2本):44,000円~オルチャンリフト(2本):110,000円~MWリフト(6本)220,000円~TCB小顔リフト(6本):69,800円~アンジェラリフト(4本)79,200円 ※2エルリフト(4本)54,800円~ルラリフト(2本)110,000円~メモリーロック(6本)264,000円~
保証・アフターケア
(3週間)

(1年)

(1年)

(期限なし)

(カスタマーによる電話・LINE相談)

(期限なし)

(4週間)

(期限なし)

(経過検診あり)
キャンペーンリピーター割BMC会員割引

駐車場料金が最大2時間無料
LINEともだち追加で10,000円OFF

ポイント付き診察券
ショートスレッド(初回トライアル)が44,000円公式LINE登録でクーポン配布

TCB会員制度

シニア割

クリニック滞在時間分の駐車料金を負担
組み合わせプランで割引あり

2名以上のペア割
紹介制度で5,000円OFF

SNSアカウントフォローで5,000ポイント付与
LINE登録でクーポン配布LINE登録でクーポン配布
モニターの有無
(9,900円OFF)

(22,000円~)

(最大50%OFF)

(最大50%OFF)
診察料0円0円0円
(専任カウンセラー)
医師による診察(初回のみ):3,300円
0円初診:3,300円
再診:1,650円
0円0円0円0円3,300円 ※3
大阪のクリニック数9院2院1院1院1院12院~1院1院1院1院

※1:初回利用の方のみ適用料金。通常:183,590円
※2:モニター価格の場合。通常:99,200円
※3:カウンセリングと同日に施術を受けられた際は無料

大阪で糸リフトが評判のクリニック10選!モニターの有無も紹介

まずは、大阪の糸リフトがおすすめなクリニックを10院紹介します。

大阪で糸リフトがおすすめクリニック

  • 湘南美容クリニック
  • 品川美容外科
  • TAクリニック
  • 東京美容外科
  • ヤナガワクリニック
  • TCB東京中央美容外科
  • X CLINIC
  • MIL CLINIC OSAKA
  • ルラ美容クリニック
  • 心斎橋形成外科スキンケアクリニック

クリニックの強みからプラン料金、オプション費用まで解説しますので、カウンセリングの候補を絞りたい方は参考にしてみてください。

東京美容外科

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_3827-1024x843.jpg

出典:東京美容外科

メニュー名糸の本数料金(税込)
入れ放題プラン「プリンセスリフト」上限なし385,000円
オルチャンリフト2本初回:110,000円
2回目以降:220,000円
Gコグプレス1本55,000円
テスリフト2本132,000円
ミントリフトⅡWink2本330,000円
  • 糸リフトの入れ放題プランあり
  • 20年間医療事故ゼロ
  • 無期限の「術後安心保証」付き

東京美容外科は、業界内でも珍しい「糸リフトの入れ放題プラン」を用意しています。

本数の上限なく、医師の判断のもと部位や引き上げる力を選べるので全体的なリフトアップを望む方にもうってつけです。

「美容外科医として10年以上」または「東京美容外科で3年以上の経験」と基準をクリアした医師のみが担当し、新人医師が担当することはありません。

さらに、東京美容外科にはすべての施術に無期限の「術後安心保証」が付いており、生涯にわたって責任もって対応してくれます。

他院に比べると大幅な割引は少ないものの、生涯のアフターケアを含んだ料金と考えれば、むしろ良心的といえるでしょう。

  • プリンセスリフト(PDO)
  • オルチャンリフト(PDO)
  • Gコグプレス(PCL)
  • テスリフト(PDO)
  • ミントリフトⅡWink(溶ける糸)
東京美容外科の詳細
クリニック数21院(詳細
支払い方法現金一括
医療分割
デビットカード
クレジットカード
コード決済
初回
カウンセリング
無料
アフターケア無料
営業時間10:00〜19:00
予約方法Web
電話
LINE
麻酔局所・表面麻酔:3,300円(税込)

ヤナガワクリニック

出典;ヤナガワクリニック

メニュー名糸の本数料金(税込)
アンカーリフト1本33,000円
MWデュアルリフト6本220,000円
テスリフト1本55,000円
テスリフト5本目~44,000円
ショートスレッド(初回)20本44,000円
ショートスレッド(通常)~50本110,000円
  • 院長は「TESSLIFT SOFT」の認定指導医
  • 大阪で20年以上の実績

実績と技術に定評があり、20年以上大阪で愛されているのがヤナガワクリニックです。

ヤナガワクリニックの院長は「TESSLIFT SOFT認定指導医」でもあります。いわば、医師へ技術を指導する側なので、現場でのスキルや最新の知見はお墨付きです。

クリニックは大阪心斎橋院のみのため、「院長に施術してほしい」と遠方から来院される方もいるほど。

そんな院長が編み出した「ヤナガワ式・糸リフト」では、溶ける糸を中心に4種類の糸を用意しています。

施術前後に3Dカメラなどで撮影を行うので、客観的に変化を比較できる点も特徴です。

悩みによって適した糸の組み合わせを提案してくれるので、「熟練のプロにオーダーメイドで相談したい」と考えている方におすすめです。

  • アンカーリフト(PDO)
  • MWデュアルリフト(PCL)
  • テスリフト(PDO)
  • ショートスレッド(PDO)
ヤナガワクリニックの詳細
麻酔代局所麻酔:施術代に含む
表面麻酔:2,200円
キャンセル代診療日前日の17時までは無料
支払い方法現金
営業時間【平日】10:00~19:00
【水・土曜日】10:00~17:00休診日日曜・祝日
店舗数1院
予約方法Web
LINE

Xクリニック

出典:Xクリニック

メニュー名糸の本数料金(税込)
アンジェラリフト1本モニター:19,800円
通常:24,800円
Xスレッドリフト1本モニター:24,800円
通常:29,800円
テスリフト1本モニター:196,200円
通常:224,500円
  • シンプルなプランとわかりやすい明朗会計
  • 十分なカウンセリング時間を確保
  • モニター価格やキャンペーンでお得に施術できる

「アンチエイジング」専門クリニックであるX CLINICは、ラグジュアリーな空間でありながら、初めて美容医療にトライする方にも配慮のある医院です。

麻酔や術後のアフターケアに関わる費用はすべて「施術代」として含まれており、あとから費用が膨らむ心配はありません。

また大阪院には、美容外科専門医・形成外科専門医の院長が在籍しています。

つまり顔全体のバランスを見ながら形成するセンスが高く、あなたに適したプランをオーダーメイドで提案してくれます。

カウンセリングは何度でも無料で時間も十分に確保されていますので、気になる方は一度相談してみてください。

  • アンジェラリフト(PDO)
  • テスリフト(PDO)
  • Xスレッドリフト(溶ける糸)
X CLINICの詳細
麻酔代施術料金に含まれる
キャンセル代要問い合わせ
支払い方法現金
クレジットカード
医療ローン
営業時間10:00~19:00
店舗数全国5院(詳細
予約方法Web
電話

ミルクリニック大阪

出典:ミルクリニック大阪

メニュー名糸の本数料金(税込)
エルリフト1本13,980円
ダブルコグリフト1本22,800円
小顔コラーゲンMILリフト1本36,800円
  • 糸リフトの症例実績が豊富な医師が在籍
  • 3種類の糸を適正価格で用意
  • カウンセリング~施術まで担当医が変わる心配なし

MIL CLINIC OSAKAは、過去に大手の美容クリニックで院長を勤めた医師が満を持して開業したクリニックです。

当時から糸リフトの技術に定評があり、ほかドクターへ技術指導もしていたほど。

外科手術・皮膚科治療も合わせると4,000件以上担当しています。糸リフトのような「外科治療」へのスキルが高い点は大きな魅力です。

使用する糸は、溶ける糸を中心に耐久性に優れたものを3種類導入しています。

カウンセリングから施術まで院長が対応するので、途中で担当医が変わる心配もありません。

個人クリニックだからこそ配慮が行き届く「完全予約制」なので、時間に急かされず相談したい方にもうってつけです。

  • エルリフト(PDO)
  • ダブルコグリフト(PDO)
  • 小顔コラーゲンMILリフト
MIL CLINIC OSAKAの詳細
麻酔代表面麻酔:2,200~3,300円
キャンセル代要問い合わせ
支払い方法現金
クレジットカード
医療ローン
営業時間10:00~19:00
店舗数全国1院(詳細
予約方法Web
電話

ルラ美容クリニック

出典:ルラ美容クリニック

メニュー名糸の本数料金(税込)
ルラリフト
(3種類の糸から医師が最適なプランを提案)
2本モニター:77,000円
通常:110,000円
  • 広告費をかけずに高品質な治療を実現
  • 再診料やアフターケアに追加料金がかからない
  • 20~70代まで幅広い利用者層

ルラクリニックは、広告費や店舗の家賃・不要なメニューを最小限に抑えることで、高品質な材料と治療を実現しています。

特に糸リフトの評判が高く、患者の肌質・たるみ・脂肪・仕上がりに合わせて複数種類を組み合わせるので、カスタマイズ性が高い点が特徴です。

「ルラリフト(糸リフト)」は、「コグ」という毛羽立ちの強い糸を中心に3種類を用意しています。

さらにアフターケアは期限の縛りなく保証されていますので、術後の経過や不安な点も遠慮なく相談できます。

利用者層も20~70代と幅広いので、「若い方ばかりのクリニックは入りにくい…」と懸念される方にもおすすめです。

ルラ美容クリニックの糸の種類

  • モールディングタイプの糸(PDO)
  • テスリフトソフト(PDO)
  • モールディングタイプの糸(PCL+PLLA)
ルラ美容クリニックの詳細
麻酔代表面麻酔:5,500円
キャンセル代要問い合わせ
支払い方法現金
クレジットカード
医療ローン
営業時間10:00~19:00
店舗数全国16院(詳細
予約方法Web
電話

心斎橋形成外科スキンケアクリニック

出典:心斎橋形成外科スキンケアクリニック

メニュー名糸の本数料金(税込)
メモリーロック6本264,000円
3Dメッシュ6本396,000円
アンカーDXダブル1本110,000円
  • 少人数の完全予約制で混み合う心配なし
  • 一人ひとりに合わせたオーダーメイド治療を提案
  • 駅から徒歩1分と好立地

心斎橋形成外科スキンケアクリニックは、心斎橋駅より徒歩1分と好立地に存在します。

落ち着いた空間と少人数制予約なので、院内は混み合う心配もなく、ゆったりと過ごしたい方にピッタリです。

また患者が指定するのではなく、悩みや肌質に合わせて最適な本数と素材を医師が提案する「オーダーメイド式治療」となっています。

他院では少ない、あご下のたるみに高い効果を発揮する「アンカーDXダブル」糸を導入している点も魅力の一つです。

さらに、施術1か月後には必ず検診を行うので、最後まで責任もって対応してくれる姿勢も信頼できます。

  • メモリーロック(PLCL)
  • 3Dメッシュリフト(PDO)
  • アンカーDXダブル(PCL)

心斎橋形成外科スキンケアクリニックの料金例

ルラ美容クリニックの詳細
麻酔代局所麻酔:施術代に含む
笑気麻酔:5,500円
キャンセル代予約の2日前まで無料
支払い方法現金
クレジットカード
医療ローン
営業時間10:00~19:00
店舗数全国16院(詳細
予約方法Web
電話

大阪で糸リフトのクリニックを選ぶ3つのポイント

大阪で糸リフトを受けたいときは、下記の3点に注目してクリニックを選んでみてください。

時間とお金をかけるからこそ、効果に満足するには事前リサーチが大切です。

理由も含めて、順番に解説していきます。

1.糸リフトの技術や提案力が高い医師がいるか

糸リフトはダウンタイムが比較的少ない施術とはいえ、繊細な技術力が求められます。

現場(症例)経験はもちろん的確な位置や層を見きわめたり、つっぱりすぎずギリギリの力で引き上げたりと、高いスキルが必要です。

具体的には、下記のような技術が求められます。

ポイント

  • 患者の悩みを拾い上げるカウンセリング力
  • 年齢や骨格・肌質に適した糸の提案と本数
  • 皮膚へ入れる層の見きわめ

公式サイトでは、医師が執刀した症例写真や経歴が掲載されていますので、まずは「糸リフト」の経験が豊富なのかチェックしてみてください。

ポイント

  • 美容外科専門医(JSAS)
  • 日本美容外科学会正会員(JSAPS)
  • 形成外科専門医
  • 日本抗加齢医学会会員

2.悩みに適した糸を扱っているか

糸リフトで使用する糸には、引き上げた皮膚を固定するために「コグ」と呼ばれるトゲが付いています。

このコグは糸によって形状や大きさが異なるため、悩みや挿入位置に適した糸を扱っていないと表面に違和感を感じる可能性があるのです。

医師やクリニックの方針によっても、取り扱う種類はちがいます。

効率よくカウンセリングを受けるためにも、「この素材の糸が良さそう」と取り扱う糸の把握や目星をつけておきましょう。

糸の素材や部位に向いている糸については、次章「糸リフトは素材によって得意な部位がある!お悩み別に種類を解説」で詳しく触れます。

3.アフターケアまで保証されているか

「糸リフト」と検索すると、「失敗」「後悔」と続き、実際に体験談も見かけるため不安に思う方もいるのではないでしょうか。

もちろん全員に起こるわけではないものの、美容医療に「100%安全」は存在しません

よって術後も安心して過ごすために、遠慮なく頼れるサポートがあるかどうかは重要です。

一般的には、外科治療である糸リフトには下記のようなアフターケアが存在します。

アフターケアの種類

  • 医師が認めた左右差や凹凸による再施術が無料
  • 抗生剤や痛み止めなど薬の無料処方
  • 24時間の無料相談
  • 1か月後に経過をチェックする検診

基本的に糸リフトは一度で完了するので、再来院は不要な場合がほとんどです。

保証期間も各院で異なりますので、どのようなサポートが安心するのかも視野に入れながら、クリニックを選んでください。

糸リフトは素材によって得意な部位がある!お悩み別に種類を解説

糸リフトには、時間をかけて体内で吸収されていく「溶ける糸(吸収糸)」と、半永久的な「溶けない糸(非吸収糸)」素材に分類されます。

「溶けない」素材は人工物で半永久的に体内に残るため、避けたほうが望ましいです。

ここでは、多くのクリニックで使用される「溶ける糸」を中心に解説します。

自分の悩みに適した糸を選ぶためにも、素材や特性について詳しく掘り下げていきましょう。

PDO(ポリジオキサノン):適度な引き上げ力

糸の素材PDO
引き上げ効果ナチュラル
特徴適度な引き上げ力
コグの大きさも控えめ
得意な部位顔全般
ほうれい線
目元や口元
糸が吸収されるまでの期間約6~12か月
該当する糸の名称例テスリフト
ミントリフト
アンカーリフト
バーブツーアンカー
ルピナススレッド
導入しているクリニック例ほぼすべてのクリニックが導入

PDO(ポリジオキサノン)素材は初めて糸リフトを受ける方が検討するときに候補に上がる、もっともスタンダードな素材です。

1本あたり「2万円前後」ともっとも手が出しやすく、顔のあらゆる範囲に適応できます。

糸が吸収される約6~12か月の間に「コラーゲントンネル」という繊維が生成されるので、たるみにくい肌へ近づく点がメリットです。

ただし、強力に引き上げたい方にとっては少々物足りなく感じる可能性も。

導入しているクリニックも多いので、自然な仕上がりを求める方におすすめです。

PLLA/PLA(ポリL乳酸): 大きなたるみやフェイスライン向き

糸の素材PLLA/PLA
引き上げ効果とても高い
特徴太く硬い
強力なぶん、部位は限定される
得意な部位フェイスラインの引き上げ
糸が吸収されるまでの期間約18~24か月
該当する糸の名称例Zリフト
ハッピーリフト
シルエットリフト
導入しているクリニック例湘南美容クリニック
TCB東京中央美容外科
MIL CLINIC OSAKA
ルラ美容クリニック
(※ いずれもPCL素材と混合糸)

PLLA/PLA(ポリL乳酸)素材は、口元や目元のような皮膚がうすいパーツよりも、あご下やフェイスラインの引き上げを得意としています。

個人差はありますが、強度があり固定力も強いので、引き上げの高さや即効性を感じやすい点がメリットです。

デメリットは、なじむまで違和感を感じやすく皮膚がうすい層には不向きなため、施術できる範囲が限定的である点です。

大きなシワやたるみでお悩みの方は、医師に適応できるか相談してみてください。

PCL(ポリカプロラクトン): ひたいから首まで幅広く適応

糸の素材PCL
引き上げ効果高い
特徴柔らかくしなやか
痛みや違和感を感じにくい
得意な部位ひたい
口元
マリオネットライン
あご下のたるみ
糸が吸収されるまでの期間約24~36か月
該当する糸の名称例VOVリフト
Gコグプレス
アンカーDXダブル
アンカーマックス
導入しているクリニック例湘南美容クリニック
東京美容外科
ヤナガワクリニック
心斎橋形成外科スキンケアクリニック

PCL(ポリカプロラクトン)素材は、糸がしなやかで顔から口元、首まで広範囲に適応できます。

柔らかい素材なので傷みを感じにくく、なおかつリフトアップ力も高いのはメリットです。効果と使い勝手のバランスが非常に優れています。

デメリットは費用が高い傾向にあり、価格のハードルが高い点です。クリニックにもよりますが、大阪では1本あたり約5万円かかるところも。

また「60℃で溶ける」性質があるため、直後にハイフのような熱を加える治療は控えるよう制限があります。

ダウンタイム期間を最小限にしたい方や、予算に余裕のある方におすすめです。

大阪で糸リフトを考えるときによくある疑問

最後に、大阪で糸リフトを受けたいときによくある疑問をまとめました。

カウンセリング前に解消しておきたい疑問や、クリニック選びの材料にぜひお役立てください。

Q.糸リフトのダウンタイム中に気をつけるポイントは?

A.長時間の入浴や運動は避ける、固い食べ物は避ける、過剰に顔をさわらないことを意識してみるだけでも、早く回復することが期待できます。

糸リフトは体内に入れても安全な医療用の糸とはいえ、異物を挿入している状態です。

いわゆる「血行を促進する」動きは、内出血や腫れを悪化させる可能性があります。

避けたい事項

  • サウナ・岩盤浴
  • ジョギング
  • ヘッドマッサージ
  • 歯医者
  • ハイフ
  • 岩盤浴

施術以外の刺激を与えないためにも、上記の行動はできるだけ避けたほうが早く回復するため控えましょう。

Q.大阪の糸リフトの相場料金はいくらですか?

A.クリニックで扱う糸の素材や本数によって異なりますが、大阪では1本あたり27,000円※ が相場料金です。

※本記事クリニック10院の平均値を算出

例えば、片側3本(合計6本)施術したい場合は16万円前後になると想定してください。

「まずは少ない本数から試してみたい」方は、1本単位で施術できるクリニックを選ぶのもポイントです。

希望予算内に抑えたい方は、モニターやキャンペーンが充実しているクリニックを上手に活用してみましょう。

各クリニックのモニター・サービス比較は「大阪の安い料金で糸リフトができるのはどこ?料金やキャンペーンの比較一覧表」でご覧ください。

Q.糸リフトの持続期間は?本数を増やせば長く持ちますか?

A.どの素材の糸も「約6~12か月」が効果の目安期間です。本数を増やしても重力による影響は変わらないため、持続期間が大幅に変わることはありません。

糸リフトは即効性が高い分、「施術直後」がもっともリフトアップしている状態です。

なじみ方や引き上がる強さにちがいはあれど、どの糸も重力を受けるので効果は「約6〜12か月」ほど。

つまり「糸が吸収されるまでの期間」と「持続期間」は、残念ながらイコールではありません。

「エイジングケア」でたるみにくい肌を目指すなら、一度の施術で本数を増やすよりも2〜4本を定期的に施術するほうがおすすめです。

Q.糸リフトは結局何本入れるのがおすすめですか?

A.初めての方や自然にリフトアップしたい方は、片側2〜4本(合計4〜6本)。しっかり引き上げたい方は、片側7本(14本)を目安に医師と相談しましょう。

目安の本数

  • ほうれい線のたるみ:片側2本(合計4本)
  • フェイスラインのたるみ:片側5~6本ずつ(合計10~12本)
  • 全体的なリフトアップ:片側7本ずつ(合計14本)
  • 2回目~メンテナンス目的:片側2~3本(合計4~6本)

適正本数と言われているのは、片側3本(合計6本)が目安です。

「ショートスレッド(短い糸)」を除いて、直線の糸を挿入するには本数に限度があります。

ダウンタイムも考慮すると、初めての方ほど過度な本数を施術するのはおすすめしません。

初回から「20本以上」提案されたときは、説明に納得しないかぎり「営利目的」であると捉えておいたほうが良いでしょう。

大阪で糸リフトをしたいときはクリニック選びが重要!

大阪の糸リフトクリニックをまとめると

取り扱う糸や保証内容はクリニックで異なり、担当医との相性によっても満足度は変わってきます。

気になるクリニックがあれば、スタッフや医師の雰囲気が本当に自分に合うのか、カウンセリングで確かめてみてはいかがでしょうか。