自宅で簡単に脱毛ができることで人気の家庭用脱毛器。

「そもそも家庭用脱毛器とは?」「効果があるのか心配」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。家庭用脱毛器では減毛や抑毛の効果を実感できます。

本記事では、家庭用脱毛器のメリット・デメリットを解説します。おすすめの機器も紹介しているのでぜひ参考にしてみてください。

そもそも家庭用脱毛器とはどんなもの?

家庭用脱毛器とは、自宅で簡単に脱毛ができる脱毛アイテムをいいます。

基本的な使用方法は、脱毛サロンの脱毛機と同じです。自宅でも簡単にお手入れできる出力で作られているため、安心して使用できます。

家庭用脱毛器の価格は2〜3万円ほどで、手を出しやすい価格帯です。サロンに通うのが困難な方や、費用を抑えたい方におすすめのアイテムです。しかし、家庭用の脱毛器は出力パワーが弱く、安心して使用できる反面で効果を感じにくい場合もあるので注意が必要でしょう。

 「フラッシュ式」「レーザー式」の2種類がある

家庭用脱毛器には、フラッシュ式とレーザー式の2種類があります。一般的に広く知られているのは、光を照射して施術するフラッシュ式です。

フラッシュ式は痛みが少なく、初心者におすすめです。レーザー式は痛みが感じやすいが効果を実感したい方に向いています。それぞれの特徴を理解し、自分に合ったアイテムを選びましょう。

フラッシュ式の特徴

フラッシュ式は誰でも使いやすく、初めて脱毛をする方におすすめです。

ただし家庭用脱毛器は出力が弱いため、痛みが少なく安心できますが、効果の実感も緩やかで即効性には期待できません。痛みに弱く、効果の実感まで期間がかかっても問題ない方に向いています。

照射口が広く、一度で広範囲に照射できる特徴があります。そのため、全身の気になる箇所にアプローチが可能です。種類にもよりますが、脱毛と同時に肌のキメを整える機能が付いている脱毛器もあるため、脱毛しながら美肌を手に入れたい方におすすめです。

レーザー式の特徴

レーザー式は、医療脱毛で使用されているものと同じタイプの脱毛器です。

痛みが出やすいですが、効果も感じやすい特徴があります。皮膚が弱い顔やデリケートゾーンには使用できない場合もあるため、脱毛したい箇所に合わせて選ぶと賢明です。

レーザー式の脱毛器は照射口が小さく、ムダ毛をピンポイントに狙わないといけません。広範囲の施術には不向きですが、ピンポイントで気になるムダ毛がある場合は高い効果を発揮できるレーザー式がおすすめです。

痛みが出やすいですが、効果も実感できるため、早く効果を出したい方はレーザー式がおすすめです。

フラッシュ式は広範囲の脱毛におすすめ
レーザー式はピンポイントの脱毛におすすめ

表面的な毛のみには最大限の効果が見込める

家庭用脱毛器は、表面的なムダ毛に効果はあっても、毛根にまで効果を与えるのは困難です。完全な脱毛は医療行為でしかできず、家庭用脱毛器の効果はムダ毛を目立たなくし、減らすところまでです。

そのため、医療脱毛やサロン脱毛とは異なり、期待していたような効果は得られない場合が多くあります。家庭用脱毛器は、毛根を破壊するほどの出力はありません。

ただし、完全な脱毛ができないからといって、脱毛効果がないわけではありません。ムダ毛を目立たなくしたり、減らしたりするのは可能です。表面的なムダ毛には効果が期待できます。

脱毛器によっては顔やVIOには対応していない場合があるので、施術したい箇所が対応しているか確認するようにしましょう。

効果が出るまで5~10回の照射が目安

家庭用脱毛器の効果を実感できるのは5〜10回が目安です。

人によって元々の毛量や、毛周期のサイクルが異なるため、効果を実感するまで個人差があります。大体、5〜10回のお手入れで毛量に変化がでたり、ムダ毛が目立たなくなったりと効果を実感できるようです。

家庭用脱毛器の出力は弱いため、効果の実感に時間がかかりますが、まめにお手入れができる方にはピッタリです。家庭用脱毛器を使用すると、カミソリ負けで肌が荒れる原因をなくせるため肌にもメリットがあります。ムダ毛が薄くなってきたら、照射の間隔を空けましょう。

家庭用脱毛器を使う4つの効果・メリット

家庭用脱毛器を使用するメリットは4つあります。

自宅のお手入れで毛量を減らせます。完全に脱毛をしなくても、毛量を減らしたい方やムダ毛を目立たなくしたい方におすすめです。

また、自分のペースで使用できるメリットもあります。クリニックやサロンは予約をし、決められた日時で施術しますが、家庭用脱毛器は自分のペースで脱毛できるため自由です。クリニックと比較して、安く済むのも魅力の一つです。

毛量を減らせる

家庭用脱毛器で毛量を減らせます。

完全な脱毛ができるのは医療行為のみで、家庭用脱毛器は永久脱毛ではありませんが、抑毛ができます。家庭用脱毛器で効果を実感するには5〜10回が目安です。

5回のお手入れで毛量が減ったり、ムダ毛が生えるスピードが遅くなったと感じるケースが多いようです。効果を実感できるまで時間がかかりますが、お手入れを継続するようにしましょう。

自分のペースで使用できる

家庭用脱毛器を使用する場合、自分のペースでお手入れが可能です。

クリニックやサロンに通う場合、事前に予約をし、決められた日時に通院する必要があります。そのため、急な用事が入ってしまい、キャンセルしなくてはいけない場合もゼロではありません。

通院が困難な方や、通院するのが面倒だと思っている方もいるのではないでしょうか。家庭用脱毛器の場合、通院する必要もなく使用頻度も自分で決められます。

通院が面倒な方や、ムダ毛が気になったその時に使用したい方におすすめです。

クリニックと比較して安く済む

家庭用脱毛器とクリニックを比較すると、家庭用脱毛器の方が安く済みます。

クリニックは効果に期待ができますが高価で、契約を躊躇してしまう方も多い傾向です。脱毛する箇所によりますが、10万円以上かかることも珍しくありません。

家庭用脱毛器の場合、脱毛器の費用のみでお手入れできるためコストが低いです。家庭用脱毛器は2〜3万円で購入できるものが多く、脱毛クリニックよりも安価で始められます。費用を抑えて脱毛したい方は、家庭用脱毛器を試してみると良いでしょう。

他の人の目を気にしなくても良い

クリニックに通わずに自宅でお手入れする場合、他の人の目を気にせずに施術できます。

クリニックの場合、看護師や医師に施術部位を見られるため、恥ずかしいと感じる方も多いようです。脱毛したい気持ちがあっても、一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか。家庭用脱毛器は自分で使用できるため、人の目を気にする必要はありません。

人に見られて恥ずかしい思いをしなくて済むのは、メリットのひとつといえます。「施術中は人に見られたくない」「人の目が気になる」と感じている方におすすめです。

家庭用脱毛器を使う4つのデメリット

家庭用脱毛器を使用するデメリットは4つあります。

家庭用脱毛器は、サロン脱毛や医療脱毛と比較して効果が薄いです。サロンやクリニックで施術する場合、出力の高い脱毛機を使用しますが、家庭用脱毛器は誰でも使用できる反面、出力が弱いため効果が実感しにくいです。

また、仕上がりに納得がいかない可能性もあります。使用方法を間違えてしまうと、やけどや外傷の危険性もあるので把握しておきましょう。

サロン脱毛や医療脱毛と比べて効果が薄い

家庭用脱毛器は、サロン脱毛や医療脱毛と比較して効果が薄い傾向にあります。そもそも、家庭用脱毛器の効果は完全な脱毛ではなく抑毛のため、全てのムダ毛をなくすことは困難です。

医療脱毛などにおける永久脱毛は、毛根にある細胞を破壊し毛を生えてこなくします。しかし家庭用脱毛器は毛根の細胞を破壊するほどのパワーはないため、永久脱毛の効果は得られません。

家庭用脱毛器は、ムダ毛が目立たなくなる程度しか効果を実感できないため、定期的にお手入れをする必要があります。

レーザーの出力の調整が難しい

家庭用脱毛器のレーザー出力は、自分で設定しなければいけないため調整が容易ではありません。

素人の手によるもので、出力調整に戸惑ってしまう方も多いかと思いますが、肌トラブルを避けるためにも弱い出力から当てていくようにしましょう。

出力はおもに肌の色や、ムダ毛の濃さによって異なります。脱毛器の光が反応しやすくなるため肌の色が濃い人ほど出力を抑えましょう。

毛量が多い方は痛みが出やすくなったり火傷してしまったりするため、回数を重ねるごとに出力を上げていくと賢明です。

仕上がりに納得がいかない可能性がある

自分でお手入れをすると、仕上がりに納得がいかない結果になってしまう可能性が高いです。

サロン脱毛や医療脱毛と比べると、どうしても素人の手によるものになってしまうためバラツキが出てしまいます。特に、自分では見えない背中やうなじの仕上がりに納得がいかない場合が多いです。

照射もれがあると、ムラができてしまうため手の届きにくい部位のお手入れは注意が必要です。

やけどなどの外傷の危険性がある

家庭用脱毛器は自分で操作するため、使い方を誤るとやけどや外傷の危険性が高まります。

家庭用脱毛器は、ムダ毛のみならず表皮にもダメージを与えます。肌の弱い方は、赤みがでてしまう可能性があるため注意が必要です。

家庭用脱毛器にも照射レベルを調整できる機能がついています。自分の肌の色や肌の状態を把握し、適切な照射レベルでの施術を心がけましょう。

実際に家庭用脱毛器を使った人のリアルな口コミ・評判

ここでは、家庭用脱毛器を実際に使用した方の口コミを紹介します。

リアルな声を参考にして、自身に家庭用脱毛器が合っているかどうかを検討してみましょう。

  • 良い口コミ

値段が手頃でだったので購入してみたところ、大満足でした。本当に痛みが少なくかつ私の場合ですが4ヶ月ほど使用したらしっかりと脱毛効果も体感出来ました。また、クーリング機能がついていることも使用するたびに保冷剤などで冷やす手間がかからず良かったです。

引用: みん評

私が利用してみて、特に便利だと感じたのは、「連射モード」です。こちらは簡単に高速で連射出来るため、広い部位に対して利用する際はとても便利だと感じました。数年前までは、家庭用脱毛器は役に立たないというイメージが定番であったと思いますが、現在はこの商品のようにとても役立つ性能を持っています。特にこのBoSidinについては、価格も安いため、おすすめです。

引用: みん評

これを買うまでは、毛の処理に一日何分使ってる?と思うぐらい時間を費やしていました。
時間の無駄だーと思いつつも、女子力をキープするために毛処理は欠かせないし。と、しかたなくでしたが。もう限界。今回のボーナスで思い切って買うことにしました。効果がサロン並みというのと痛みが少ない(痛みに弱いので)というのでこれにして。いざ決意!!
すでに全身2回あてました。一番効果があったのは脇と膝下。ほとんど目立たない感じに。今までの毛処理に費やしていた時間と苦痛を考えたら、買うときは高いって思ったけど安い買い物だったです。

引用: みん評

  • 悪い口コミ

今から半年以上前に購入しました。使用していたのですが現時点でも全く脱毛できていない状態です。
体質や毛質なども関係しているのではないかと考えて頑張って継続して使っていますが、本当に皆さん効果が表れているんでしょうか?
正直、安い買い物ではありませんでした。
むしろ高い買い物だとも思っています。

引用: みん評

医療レーザーと言うことで期待して継続しましたが、完全に毛が生えてこなくなるということはありませんでした。毛が薄くなったと思ってもしばらくすると生えて来ます。効果が無いと分かりましたが、返品返金保証期間が過ぎてしまい置き物状態です。

引用: みん評

イーモリジュ2年間使用しました。痛みは多少ありますが薄毛、脱毛出来ると思えば我慢の範囲内だと思います。
ですが、効果は全くありませんでした。とても高い買い物でした、サロンでやって貰う方が絶対いいです。

引用: みん評

家庭用脱毛器のおすすめ5選

家庭用脱毛器で人気のアイテムを5選紹介します。

フラッシュ式は痛みが感じにくく、レーザー式は痛みが感じやすいですが効果も実感できる特徴があります。それぞれの脱毛器の特徴や効果、自分に向いているのかをチェックしましょう。

エムテック 「KE-NON(ケノン)」NIPL-2080

特徴・フラッシュの間隔が最短0.4秒
・10段階から出力調整可能
・ほぼ全身に使用可能
効果・自己処理が楽になる
・細い産毛も目立たなくなる
向いている人全身をスピーディに照射したい方

ケノンの脱毛器は、4個のコンデンサを搭載しています。

照射口が広いため、片ワキは約1.6秒で照射可能です。全身のお手入れもスピード処理でき、全身だと約13分で施術できます。 VIO脱毛も対応しているため、1つの脱毛機で全身のお手入れをしたい方におすすめです。

また、残数が本体のディスプレイに表示されるので、使用可能回数や買い替え時期も把握できます。ランニングコストが気になる方におすすめの脱毛器です。

パナソニック「光エステ スムースエピ」ES-WG0A

特徴・刺激を感じにくい冷却フラッシュを採用
・ムダ毛と美肌へアプローチ
効果・数回の施術で産毛が薄くなる
・髭にも効果あり、伸びるのが遅くなる
向いている人脱毛と同時に美肌も得たい方

刺激が感じにくい冷却フラッシュを搭載しており、高いパワーを持ちつつも、肌の負担を考慮した脱毛器です。

スキンセンサーが肌の色に合わせたおすすめの出力レベルを自動で検知するため、誰でも簡単に、安心して使用できます。また、脱毛と同時に美肌が叶うのも魅力の一つです。照射する際の冷却効果により、肌の引き締まりを実感できます。

ブラウン「シルクエキスパート Pro5」PL5248

特徴・パワー自動調節で効果的に照射
・1秒に2回の高速フラッシュ
・VIO含む全身に使用可能
効果・目で見てわかる脱毛効果が期待できる
・お手入れするたびにすべすべな肌に
向いている人毛穴が目立ちにくい明るい肌にしたい方

ブラウンは、脱毛効果と肌へのやさしさの両立を目指しています。

肌の色が薄い箇所はパワーを強くし、高い効果を狙います。肌の色が濃い箇所は、安全のためにパワーを弱くするのが理想です。毎秒80回肌の色を読み取り、適切な出力レベルに自動調節するため安心して使用できます。

シンプルで使いやすいのも魅力の一つです。「-/+ボタン」など直感的に使用できるため、機械の操作が苦手な方にもおすすめです。

ミュゼプラチナム「S.S.C.エピ フォト スキンケア プロ」

特徴・VIOを含む全身に対応
・痛みを抑える冷却機能搭載
・5段階の出力レベルから選べる
効果・毛が生えるスピードが遅くなる
・毛の太さは変化なし
向いている人痛みを感じにくくしたい方

S.S.C.エピ フォト スキンケア プロは痛みの少ない脱毛器をお探しの方におすすめです。冷却機能が搭載されており、最大出力レベルでも痛みを感じにくい特徴があります。

重量は486gとやや重めですが、持ちやすい形状のためお手入れがしやすいです。稼働音が気になりにくく、タッチパネルで直感的に操作できるのもおすすめポイントです。

フィリップス「ルメア プレステージ」 BRI948/70

特徴・皮膚科医と共同開発
・誤照射を防ぐ安全設計
・サングラス不要
効果・ムダ毛が目立ちにくくなる
・徐々にムダ毛が細くなる
向いている人肌へのやさしさを重視したい方

皮膚科医と共同開発され、肌へのやさしさを追求しています。安全リングが肌に正しく当たらないと照射できない誤照射機能も搭載されています。お手入れしたい箇所と間違って照射してしまった、との心配が必要ありません。

体の各部位に適したアタッチメントを使用することで、幅広い部位に対応できます。一部、照射できない部位があるので把握しておきましょう。

家庭用脱毛器を使う際の4つの注意点

家庭用脱毛器は、誰でも簡単に使用でき便利なアイテムですが、間違った使い方をすると効果を実感できません。4つの注意点を守ってください。

肌トラブルを防ぐためにも、使用前はお試しで照射することをおすすめします。お試しの際は、低い出力で行うと賢明です。また、必ず機器の説明書に従うようにしましょう。使用方法や照射時間は各機器によって異なります。それぞれの機器に適した使い方を守ってください。

使用前に試してみる

家庭用脱毛器の使用前に、肌トラブルを防ぐためにも試し打ちをしてみましょう。

初めは低い出力で照射し、肌の状態を確認します。試し打ちで肌に異常が見られた場合は、使用を避け、専門機関に相談するようにしてください。

しばらく使用していないと、肌の状態が変化する場合もあります。初めて使用するときに限らず、期間が空いた場合はお試し照射をしてみるのがおすすめです。

機器の説明書に従う

使用方法や照射可能時間は各機器によって異なります。使用前に機器の説明書を熟読し、手順に従って照射しましょう。

むやみに1回の照射時間を短くしても、効果が高くなるわけではありません。また、毎日お手入れをしたからといって得たい効果が現れるとは言い切れません。照射しすぎると肌トラブルを起こしやすいリスクが高まるため注意しましょう。

肌のためにも、効率良く効果を実感するためにも、機器の説明書に従うことが重要です。

使用後はケアを行うようにする

家庭用脱毛器の使用後は、保湿ケアや日焼け対策をしっかり行うことを忘れないでください。

脱毛サロンと同様、照射後は肌が炎症を起こしやすくなっている状態です。保湿を行うと、脱毛後に痛みを感じにくくするだけでなく、埋没毛が改善されやすくなります。次回の脱毛の効果が出やすくなるというメリットがあるため、保湿ケアを心がけましょう。

保湿ケアに加えて、日焼け対策も手を抜けません。脱毛後は肌のバリア機能が低下しており、日焼けやシミができやすい状態です。肌が黒くなると脱毛の効果が出にくいことから、効率よく脱毛をするためにも使用後のケアを徹底すると良いでしょう。

家庭用脱毛器は永久的な効果は得られない

家庭用脱毛器で永久的な効果は得られません。

ムダ毛を完全になくすには、毛根にある組織を破壊しなければいけません。家庭用脱毛器では組織を破壊するパワーは持っていません。永久脱毛できるのは医療機関のみであり、家庭用脱毛器では効果の上限があります。

家庭用脱毛器では、ムダ毛を目立たなくする・ムダ毛が生えてくるスピードを遅くする・ムダ毛の細さへのアプローチが可能です。
確固とした効果を得たい方は、クリニックでの受診をおすすめします。

家庭用脱毛器の効果に関してよくある質問と回答

家庭用脱毛器の効果について、よくある質問を解説していきます。使用してから困らないためにも、使用前に疑問点を解消しておきましょう。

家庭用脱毛器は皮膚ガンになる可能性がある?

家庭用脱毛器は体に悪いといった噂がありますが、皮膚ガンになる可能性はありません。

太陽光に含まれている紫外線は、皮膚ガンのリスクを高めるとされています。しかし、家庭用脱毛器の光脱毛を太陽光は異なるため、皮膚ガンの心配は必要ありません。

やけどや肌トラブルのリスクはゼロではありませんが、正しい使用方法を守ることで軽減できます。さらに、使用後の保湿ケアや日焼け対策を徹底し、肌トラブルを防ぎましょう。

自宅でセルフ脱毛器を使っても効果ありますか?

家庭用脱毛器では、減毛や抑毛も効果を実感できます。

永久脱毛は医療機関のみで行える施術方法で、家庭用脱毛器では永久的な効果は実感できません。永久的な効果を実感したい方はクリニックで受診することをおすすめします。

家庭用脱毛器を使用すれば、通院の必要がなくなり他人に見られる恥ずかしさもなくなります。自己処理を楽にしたい方、ムダ毛を目立たなくしたい方には家庭用脱毛器がおすすめです。

家庭用脱毛器はどれくらいで効果が出る?

家庭用脱毛器は回数を重ねるごとに、効果を実感できます。毛周期の関係もあり、2週間に一度の使用で2〜3回お手入れをすると、ムダ毛が薄くなっているのを実感できる方が多いです。

脱毛の効果には個人差があるため、一概に何回当てたら効果を得られると言い切ることはできません。あくまでも目安に過ぎませんが、照射回数でいうと5〜10回が目安と言われています。

家庭用脱毛器はすぐに効果を得られるわけではありません。継続して使用し、肌の状態をチェックしてみてください。

家庭用脱毛器でツルツルになるまで何回くらい照射すればいいですか?

家庭用脱毛器でツルツルを目指すには、約20〜30回の照射が必要です。

脱毛に効果があるのは成長期のムダ毛のみです。退行期・休止期に入っているムダ毛に照射をしても得たい効果を得られない場合が多いでしょう。また、目に見えているムダ毛は全体の20%と言われており、残りの80%は皮膚の中で眠っています。

毛周期に合わせて照射したとしても、10回以上の照射は必須です。回数を重ねてもツルツルになると言い切れるわけではありませんが、ツルツルを目指している方は約20〜30回は必要といえます。

家庭用脱毛器は髭に効果がありますか?

家庭用脱毛器は髭にも効果が実感できます。一度の照射で劇的な変化は見込めませんが、継続してお手入れすることで抑毛効果を実感できます。

家庭用脱毛器の多くはフラッシュ式です。髭は太くて濃い毛が密集しており、細い産毛と比較するとフラッシュ式では効果の実感が弱い傾向です。個人差がありますが、1〜2ヶ月ほどで髭の減りを実感できます。

より効果を実感したい方は、フラッシュ式よりレーザー式の家庭用脱毛器がおすすめです。

まとめ|家庭用脱毛器の効果を知って適切に理解をしよう

家庭用脱毛器にはフラッシュ式とレーザー式の2種類があり、減毛や抑毛に効果的です。

家庭用脱毛器のまとめ

  • 家庭用脱毛器は減毛や抑毛に効果的
  • 永久的な効果は得られない
  • 使用後はケアを徹底する必要がある

家庭用脱毛器で永久的な効果は見込めませんが、表面的な毛のみには効果があり、約5〜10回のお手入れで実感できます。また、自分のペースでお手入れでき、クリニックと比較しても安く済むメリットがあります。

ただし、クリニックより効果が薄い・仕上がりに納得がいかないといったデメリットもあるので永久的な効果を得たい方や早く効果を実感したい方はクリニックの受診がおすすめです。