• HOME
  • 病院紹介
  • 病院紹介

病院紹介

韓国最高峰の美容外科が
日本にも進出

美容大国である韓国で600名以上のスタッフと30名以上の医療陣が揃い 60カ国以上からの7万人以上にのぼる患者様が選んだ韓国最高峰の美容外科が 2018年春、日本・東京へやって来ました

日本初の小顔専門美容クリニック

両顎手術・輪郭手術を専門とした美容病院・韓国id美容外科が日本へと進出し、日本で初めての小顔専門クリニックであるid美容クリニックが誕生しました。
id美容外科は韓国唯一の保健福祉部認証を取得した美容外科であり、輪郭手術をはじめとした各分野における最高峰の専門医療陣たちが集まり、美しさを追及し患者様方が容姿によるコンプレックスの苦しみから解放され、幸せを見つけられることを目標に最高の結果とサービスとご提供しています。

他院と差別化されたid美容クリニック

海外で手術を受ける際に最も考慮されるのは、手術後の持続的なアフターケアです。韓国id美容外科で美容整形手術を受けられた方は日本にご帰国後も、id美容クリニックで腫れケアや抜糸、状態チェックなど専門医による診断とアフターケアが可能なためご帰国後もご安心してサポートを受けることが可能です。また、これまで顔骨手術の場合には1~2週間の長期滞在が必要でしたが、ご帰国後にも引き続きアフターフォローが可能なため短い滞在期間でも手術が可能です。
そして、韓国で実際に行われている最新美容施術もそのまま日本で体験することが出来わざわざ韓国に行くことなく日本で本場の韓国美容施術を実感することが可能です。

韓国唯一の保健福祉部認証を取得した美容外科

韓国id美容外科は患者様の安全を考慮した安全システムと差別化されたサービス、そして高い満足度を誇る医療品質を兼ね備えた美容外科として、韓国政府で提示する国際的水準の認定基準を十分に満たす韓国唯一の保健福祉部認定美容病院として選定されました。

世界初の輪郭手術専門教科書出刊

世界的医学書籍において10大出版社であるSpringer社より発行された世界初の輪郭手術専門教科書は、id美容外科の輪郭センター医療陣全員が執筆に参加した、様々な輪郭手術ケースについて現役の医者たちが学べる実践型の美容整形の教科書です。

世界中から韓国id美容外科を訪れる理由

韓国id美容外科は世界の美容整形を先導する韓国の美容外科の中で最も臨床経験が豊富で
様々なケースを執刀した美容外科として全世界6大陸、60カ国からの患者様が
信頼し訪れる韓国No.1の美容外科です。

韓国id美容外科の多様な研究活動

id輪郭専門医療陣は豊富な臨床経験をもとに、新たな手術法の開発及び
論文発表を行いこれまでの小顔技術とノウハウを積み重ねてきました。

輪郭専門美容外科から
韓国No.1のトータル美容クリニックになるまで

1995年以前には大学病院でのみ行われていた両顎手術を韓国で初めて輪郭手術専門病院として開院した韓国id美容外科は現在、皮膚科、化粧品、歯科、美容外科での診療を行う韓国最大規模の美容整形病院として美しさの追求と容姿に対するお悩みを一度に解決出来る韓国No.1の美容病院です。

  • 2018. 日本id美容クリニックオープン
  • 2018. インドネシア皮膚クリニックセンターオープン
  • 2017. 世界初の輪郭手術専門教科書出刊
  • 2017. タイ id Beauty center オープン
  • 2016. 保健福祉部医療機関認証獲得
  • 2016. コンテナストインターナショナル
    2016. ラグジュアリーカンファレンス講演
  • 2015. アジアビューティーセンター拡大オープン
  • 2014. 大韓民国サービス満足大賞受賞
  • 2014. 顎先延長Vライン手術法アメリカ整形学術誌搭載
  • 2013. アメリカ美容整形外科学会学術大会招待
  • 2013. 大韓民族外国人患者誘致優秀病院選定
  • 2012. 保健医療事業優秀機関感謝牌受賞
  • 2012. id歯科センター拡大オープン
  • 2011. 海外顔面奇形児童ボランティア
  • 2010. 上海 V-line surgery シンポジウム開催
  • 2010. ソウル市協力医療機関選定
  • 2009. 韓国経済選定メディカルコリア大賞受賞
  • 2008. アジア太平洋頭蓋顔面学会 (APCA)参加
  • 2007. Vライン手術アメリカ整形外科学会誌搭載
  • 2005. 韓国初 ‘輪郭研究所’ 開所
  • 2004. パク・サンフン美容外科(現id美容外科)開院
  • 2003. 初のしゃくれ顎先行手術ケース執刀
  • 2002. アメリカ整形外科学会 今年の研究者賞受賞
  • 1995. パク・サンフン総院長初の両顎手術執刀